SEO対策/広告
無料カウンター 怠惰な日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いんふるえんざ

なんだか季節違いなお題です

専門書みてたらインフルエンザが載ってたんでついつい語りたくなっちゃいました

ところで鳥インフルエンザって最近よく聞きますよねぇ

まぁ、実際鳥だけが近くにいるなら鳥インフルエンザにゃかからんのですがね
じゃあなぜ鳥インフルエンザが危険視されているか

そりゃまぁ、原因は豚ですで

ぴぎー

まぁ豚は鳥インフルエンザ、人インフルエンザの両方にかかる上にお互いを仲介までしちゃうわけです

なんで危険視されているわけです

人がかかるかもしれないってなだけで殺されていく鳥・・・
しかも食用or卵用でしょ?
まぁ、インフルエンザにかかっているとはいえ、なんかねぇ(・x・`



そうそう、インフルエンザの予防でマスクってあるじゃないですか

インフルエンザに比べてマスクの隙間ってゆーものは普通に通れちゃうんですよね

でもなぜ予防でいいと言われているのか


インフルエンザは湿気に弱いです

なんでマスクが直接インフルエンザを止めるわけではなく、マスクをつけて湿った状態になるからこそインフルエンザの予防になるわけです

そんなオレはマスクをつけたあの口元のジメジメ感が嫌いです(・x・`



インフルエンザは死ぬ可能性のある病気です

十分に気をつけましょう


まぁ病院にいったほうがやばい菌がうようよしてそうですがwww
スポンサーサイト

コメント

最後の意見にハゲしく同意w

病院は、なんかこう『陰』の気が漂ってる気がして・・・偏見かもしれんが(・・`)

今でこそ、薬飲むけど
【病気は寝たら治る】で育ったティアトでした。

プルップー

鳥インフルエンザ登場~
私もなんで危険視されてるかよく分からん。
厚生労働省のランク付けでは、最初いきなり1類感染症(高危険度の感染菌)に分類されたけど、あっという間に4類にランクが下がった経緯があるお騒がせ菌。

ただしかし。

インフルエンザは従来、空気感染を伴わない感染症として認識されていたんだが(飛沫感染菌)、鳥インフルエンザの登場で、「もしや空気感染するのでは?!」という考察を与えた脅威のインフルエンザ菌なのよ。

今では否定されているけど、具体的な文献はまだなくって、空気感染する可能性も捨てきれない。

実際、「空気感染じゃないか!?」っていう文献も一つあるしな。

未だ持って実態は不明・・・不明であるが故に、一応注意を~

病院に沢山菌はいますが、きちんと処理してるのでご安心を。
遠慮なく来院してくれ。

ってかねインフルエンザみたいにウィルスは突然変異起こしやすいのにさ「空気感染はしません」ってな断定するのはおかしい
中にはいきなり空気感染するものもでてくるかもしれないしね
やから予防しすぎるに越した事はないと思うよ

病院は・・・除菌しててもそれだけ患者さんがいると除菌もおいつかんと思うけどなぁ


病院はね~

陰圧を効果的に使ってるから問題ないよ~

手術室→待合室→ロビー→外

の順で圧力を上げてるから(むろんダクトを通して)、浮遊してる菌が人間に入ってくることは皆無です。
ご心配なく。
外に出すと菌は拡散するから、感染力はほぼゼロになります。

それよりも怖いのは、黄色ブドウ球菌であって、これは皮膚常在菌なので、排除は不可能ですし、浮遊してるわけでもないので、一番大変なのですよ。

院内感染の70%はMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)なので、患者よりも、外来で来る人の対策が結構大変なのよ?

インフルエンザは一応空気感染しませんってな事で世界的には認識されてるようでして。

生物学での常識で
「ありえないということはありえない」ってな言葉があってね
突然何が起こるかわからないから注意するに越した事はないのよ

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lowvan.blog45.fc2.com/tb.php/109-aefdc611

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。